私は何の役に立っているの?と思っている人へ | ターチスタイル

2021/02/27 10:35



こんにちはターチです。


よく自分は何の役に立っているのだろうか?

と思っている人いますね。


私もかつてそんなことを考えていました。



特に大学受験に失敗して浪人生活を送っていた頃というのは、

社会から抹殺されたような感情を抱いていました。



当時は今のようにYouTubeやSNSなどもなく

得られる情報というのはすごく限られていました。


ですから落ち込み方も尋常ではありませんでした。


私はこの世に何のために生まれてきたのか?

を常に考えていました。


人生が無意味な感じに思えました。


敷かれたレールを行く、

これは私にとって手錠をはめられたまま、

牢獄に行くようなものでした・・・



そんな中、運よく大学に入学することになり、

人生がガラッと変わりました。


ほんの1ヶ月前は、一人で湖を眺めているような人間が、

いつのまにか、上機嫌に過ごす人間になっていたのです。


人生の不思議さを感じたものです。



そしてそんな私の運命を、さらに変えてくれたのが、


塾講師のアルバイトでした。


私はこの講師のアルバイトを通じて、大きなことを学びました。


確かに私は不完全な状態(心理的にも)で教えていたのですが、


教えることが楽しくて、またそれをやっているうちに癒されていました。


不思議なのですが、


私が生徒に愛を込めて教えるほど、愛が戻ってきていたのです。



当時は、ただ「何か教えることが好きだな~、最近癒されているな~」


と思う程度でしたが、今思うと、深い意味があったような気がします。


つまりそれはどういうことかというと、


自分が本当に好きなことをして、楽しんでいれば、

たとえ人の役に立とうと思っていなくても、

人を幸せにできているのだ、と。


ということは、



まず本当に幸せにするべきは自分なんだ



と思ったのです。



多くの人は、自分が誰の役にも立っていないと思っています。



しかし、あなたが知らないところで、


あなたに癒され、元気をもらっている人が必ずいます。


そしてそれは、


あなたが一番楽しそうにしている時、

またそうでなくても、いているだけで、

笑顔を見ているだけで、

話しているだけで元気をもらえている人がいる、


ということです。


人は人から少なからず影響を受けているものです。


もしあなたが普通にしているだけで、

あなたから癒され、元気をもらっている人がいたとすればどうでしょう?


そんな嬉しいことはないのではないでしょうか。


あなたが今たとえ、どんなに人の役に立っていないと思っていなくても、

普段接している家族や友達や恋人や、近所の人や、

お店の人、誰かに必ず影響を与えているということです。


だから、あなたは決して無理して頑張らなくてもいいのです。


ただ人と話したり、挨拶するだけでいいのです。

究極は存在するだけでいいのです。


そんなささいなことが本当に重要なの?


と思われるかもしれませんが、そんなほんのささいなことが、

多くの場合、大きなことに影響を与えるものなのです。



ですから、決して落ち込まないでいいのですよ!

(たとえ落ち込んでもそんな自分をまた許してくださいね)


自分は何もしなくても、

ただいるだけで誰かが喜んでくれている、そう思うだけでいいのです。